東和精機が求める人物像

東和精機が求める人物像

東和精機は、安城市に本社工場があり全自動歪取機の製造販売会社としてよく知られています。

 

「小さくてもキラリと光る会社」作りを目指している東和精機が求める人物像について探ってみることにしましょう。

 

◆対象としているマーケット

 

東和精機は、2017年6月現在の従業員数はパート、派遣、技能実習生を含んで39名だそうです。

 

東和精機が対象としてマーケットは日本国内だけではなく、世界であることがHPで代表者によって語られています。

 

つまり、日本だけでなく世界で必要とされている製品の開発と生産が同社の目標と言えそうです。そのために、同社で取扱っている製品を世界最高水準にまでアップすることを目標として掲げています。

 

そのために、同社は「グローバルでオンリーワン」になることを目指して製品開発などを行なっているそうです。

 

◆独自の社員教育

 

企業を支えるのは「人」というのは多くの企業がかかげていることですが、東和精機の社員教育には独自のものがあるようです。

 

東和精機では、キャリアは自分自身で作っているものとの考えに基づいて、従業員ひとりひとりの自主性を重んじているようです。

 

将来的なキャリア形成のためのロードマップは自分で考えて計画して行くことが求められているようです。

 

そのため、東和精機では社員に気づきの機会を与えることに重きを置いているようです。CSR活動の一環としてのボランティア活動も普段の仕事を通して接する機会のない農作業を行なうことで食べ物を育てることの大変さを学んだり、食べ物への感謝を学んだりするための機会となっているようです。

 

他にも毎週金曜日に全員で行なう掃除など同社独自の気づきの機会を与えるイベントが定期的に行なわれています。

 

◆通信教育制度と定期研修

 

また、東和精機では階層ごとの通信教育制度が取り入れられているそうです。

 

新入社員は会社から指定されたカリキュラムを受講することになっているそうですが、中堅クラスの社員は自分自身でカリキュラムを選択してスキルアップを目指しているようです。通信教育制度の受講対象者は全員で、自分のペースで進めることが出来るようです。

 

さらに、毎年12月に全社員を対象として講師を招いてビジネスマナー研修が実施されていますので、全社員を対象として教育の機会を設けている会社と言えそうです。

 

◆まとめ

 

東和精機が求めている人物像について同社が対象としているマーケットや社員教育を通して見て来ましたが、自発的に働いてキャリアアップを行なっていくことが出来るかどうかは、重要な要素と言えるのではないでしょうか?